TOP > クラブ沿革・活動内容

TOP
クラブ沿革・活動内容
役員・会員紹介
事業計画・報告
  2013年度事業計画
  2012年度事業結果
規約・海難事故防止規定
入会申込書
高知磯釣クラブブログ
リンク集

高知磯釣クラブの沿革


 当クラブは、昭和30年代後期に、高知市上町岡林釣具店に集まる釣り人を中心に 約10名程度の会員により結成され、高知県西部や愛媛県南部を主な釣り場として活動してきました。
 その後、会員数の増加や組織が大きくなりすぎたことなどにより大会運営に支障をきたすようになったため 昭和40年代後期に岡林釣具店から分離して独自のクラブとして活動し始めしました。
 会員数は多い時期には130名余りで県下最大のクラブとなり、高知県の磯釣界の振興・発展に長期にわたり貢献してきました。
 しかし、その後、新しいクラブの結成(地区別の独立)による会員数の減少や後継者育成等が不十分であったため次第に会員が減少し、 平成14(2002)年度から活動は休止状態になっていました。
 平成20(2008)年3月に、旧クラブの構成メンバー4名と新規メンバーによりクラブの再結成を図ることとなり、平成21(2009)年10月23日に第1回総会を開催し、旧クラブ会員であった森岡巌氏を初代会長に選出し会員19名で 高知磯釣クラブ(K.A.C)を再結成し現在活動中であります。




主な活動内容


磯釣り大会 年間6〜7回程度、沖ノ島、鵜来島をホームグランドとし磯釣り大会を開催しています。別途臨時大会も開催します。
賞品もさることながら、大会優勝の名誉を競っています。
交流会 3月、6月の2回定例の参加者交流会を地産料理「花鳥風月」で開催しています。
磯釣り談義で毎回大いに盛り上がります。
大物賞 対象  グレ              55p以上
     イシダイ・イシガキダイ   60p以上
内容  大物賞名誉ワッペン、金一封
     (商品券2万円分/1回 年間1人1回まで)
     渡船業者の現認と事務局長の確認必要
     高知・愛媛県内の渡船による磯釣りに限る
傷害保険加入 本クラブでは磯釣り大会参加者全員を傷害保険に加入、安心して釣りができるクラブです。
死亡・後遺症1000万円、入院5000円、通院2000円、救援者費用300万円、賠償責任保険3000万円
ホームページ作成 2010年度にクラブのホームページをアップし情報発信に努める。
委員会活動 3委員会を設置し、委員長の下に各々活動しています。
@海防(海難事故防止)委員会   
   海難事故を防止し安全な磯釣りをするための諸活動を実施
   (例)大会時に当日の天候等周知徹底し安全確保
      その他の事故防止活動と安全対策
      海難事故防止規定を制定し会員の意識徹底
A広報委員会          
   ホームページを作成しクラブの情報発信・管理全般
   ホームページ上のブログ管理
   大会結果、写真等のホームページ上の記録保存
   大会の写真撮影
   その他の広報活動
B啓発委員会          
    磯釣りのマナー向上について日常から意識向上のため啓発活動
   (例)釣り実施時のマナー
      後片付けや掃除の徹底等 意識向上のための諸注意
Copyright (C) 2011 Kochi Angler's Club All Rights Reserved.